>>トップページ >> ドライアイについて
当院を受診される方へ
医師・スタッフの紹介
ドライアイについて
緑内障について
コンタクトショップSakura



「ドライアイ」、聞いたことありますか?


 涙は、泣いたときにのみ目からでてくるものではありません。実は常に私たちの目の表面を潤し、角膜や結膜を守るバリアのような働きをしています。

この涙の量が少なくなったり、成分が変わったりすると、目の乾きや疲れをはじめ、いろいろな違和感を感じるようになります。これがドライアイです。お肌でいうならば、いわゆる"肌荒れ"のような状態です。

 ドライアイは誰にでも発症しうる病態で、日本全国に約800万人もいると推定されています。


ドライアイの原因ってなんでしょう?


ドライアイにはさまざまな原因があり、ときにいくつもの原因がかさなっていることもあります。また、いまだにわかっていないこともたくさんあります。

1)〜涙の量の減少〜

  • 加齢
  • リウマチやシェーグレン症候群など一部の自己免疫疾患
  • アレルギー性結膜炎
  • 一部の薬剤(自律神経に作用するものの一部など)
  • 目の使いすぎ、睡眠不足、ストレス

2)〜まばたきの減少〜

長時間のパソコン作業、携帯メール、テレビ鑑賞、ポータブルゲーム、車の運転、読書、などは、一つの作業に集中することによって無意識のうちにまばたきの回数が少なくなっています。

3)〜涙の成分の変化〜

不規則な生活や生活習慣の乱れ、過剰なアイメークなどにより、涙の成分が変化し、量があっても目が乾燥することがあります。

4)〜乾燥〜

  • エアコンなどの空調:
    空気が乾燥し、涙が蒸発しやすいためです。風の噴出し口の近くや車内はとくに要注意です。
  • 季節:
    より湿度がひくく、また暖房を使う、秋から冬にかけて症状が悪化することが多いことがわかっています。

5) 〜コンタクトレンズ〜

コンタクトレンズの中には涙を吸い取りやすいものがあります。長時間使うと少しずつ目がしょぼしょぼしやすくなります。


ドライアイってどのような症状?


目が乾く、という症状のほかに、一見ドライの症状と関係ないような症状がでることがあります。

たとえば。。コンタクトレンズやメガネの度数は合っているのに、なんとなく見えにくい、目がかすむ、疲れる、かゆい、ゴロゴロする、涙っぽい、光がまぶしい、目やにがでる、充血する、まぶたが重い、などです。

気になる症状が多い方は放置したりせず、早めに眼科専門医にご相談下さい。


ドライアイ対策は?


1)点眼 : 医師の指示によりドライアイ用の目薬をさしましょう。コンタクト使用時は特に気をつけましょう。

2)加湿 : 冬場の空気の乾燥時や空調の利いたところでは加湿器を使いましょう。

3)集中作業時は休憩をいれてしばらく目を閉じましょう。

4)まぶたを温めてみましょう。タオルを少し水でぬらし、電子レンジで少し暖めて使うと目のふちの脂の腺の出がよくなり、涙の質が向上します。

5)パソコンなど使用時はディスプレイが目線より下になるよう配置を工夫しましょう。まばたきがしやすくなります。

6)医師と相談し、涙点プラグを挿入術をうける : 涙点(涙の排出口)をふさぎ、自分の涙のたまる量を増やす方法です。涙の量がとても減少している方には著効することがあります。

気になる症状が多い方は、「これくらいならガマンできる」と放置したりせず、早めに眼科専門医にご相談下さい。

| HOME | 当院の設備の特徴 | 医師・スタッフの紹介 | ドライアイについて | 当院を受診される方へ | 電話予約について |
| 施設案内 | 休診日のお知らせ | アクセスマップ | リンク |

秋田県横手市 条里コスモス眼科 〒013-0060
秋田県横手市条里1丁目10-17
TEL.0182-38-8881 FAX.0182-38-8866
| プライバシーポリシー | 免責事項 |